女性行政書士がサポート

行政書士の大石明美と申します。 当事務所のホームページをご訪問いただき、 ありがとうございます。 今このページを見られているあなたは、 離婚のことでお悩みではありませんか。 そんなときあなたが「優しく」「強く」 あり続けられるよう女性行政書士が サポートいたします。

入管申請取次行政書士
著作権相談員
個人情報保護士
2級知的財産管理技能士
夫婦カウンセラー(JADP認定)

個人情報保護士

大阪の行政書士のご紹介 行政書士オフィス大石

〒540-0012
大阪市中央区谷町4丁目4-17
ロイヤルタワー大阪谷町707

大阪市 地下鉄谷町線谷町四丁目 7番出口すぐ
06-6944-7220

月〜土 / 9:30〜18:00
時間外でも対応いたします!※予約要

オフィス概要・地図
離婚相談 離婚相談の事例 公正証書 離婚協議書 離婚に関するお金のこと 離婚と子供のこと 離婚時年金分割 不倫を原因とする公正証書 婚前契約書 遺言・相続 料金表 よくある質問 オフィス概要

不倫を原因とする公正証書について

不倫を原因とする公正証書については、ご夫婦の一方の不倫が原因で離婚に至ってしまった場合で有責配偶者から慰謝料の支払いがある場合、配偶者の不倫相手から慰謝料の支払いがある場合等があります。

公正証書

公正証書は、公証役場において公証人が厳密な手続きにより作成する公文書であり、原本は約20年間公証役場に保管されます。

証拠力も高く、そこに決められた金銭の支払いが滞ったとき、裁判の判決を必要とせず、給与や財産などを差し押さえる強制執行の手続きをすることができる書面です。

強制執行の力をもつ書面であるからこそ、支払う側が支払わなければならないという気持ちを強くもち、支払いについて確実性を高めることができます。

強制執行をするには、強制執行ができるための確定事項が記載されていることや、強制執行認諾文言が入っている必要があります。

また、強制執行をするときはその手続きが必要になります。

配偶者の不倫相手との示談(示談契約公正証書)

配偶者の不倫相手との示談、慰謝料などを取り決めるとき、示談書を作成することがあります。

慰謝料が一括で支払われることもありますが、一括での支払いが難しく分割になった場合等は、公正証書を作成しておくことをおすすめします。

内容としては、

  • 不貞事実の確認
  • 慰謝料の金額、支払いに関すること、遅延損害金、期限の利益喪失等
  • 不倫関係の解消、私的接触禁止、違反した場合についての取り決め
  • 求償権について

などがあります。

不貞行為は共同不法行為ですので、その不貞行為についての慰謝料とされた金額を不倫相手と配偶者と両方に請求することはできません。
割合を決めての取り決めになります。

また、不倫相手が配偶者が既婚者であることを知らなかった場合等、請求できないこともあります。

不倫が原因で離婚するご夫婦間での慰謝料の支払い

不倫が原因での離婚において、慰謝料の支払いがある場合、離婚協議書、あるいは公正証書(離婚給付契約公正証書)のどちらかを作成することが考えられますが、離婚協議書と公正証書では、上記【公正証書】に記載のように書面のもつ力が違います。

離婚に伴う公正証書においての慰謝料についても、慰謝料の支払義務の確認、慰謝料の金額、支払い方法、遅延損害金、期限の利益喪失等を記載します。

強制執行については、養育費の場合は、一度強制執行をすると、その後も強制執行の力が及びますが、慰謝料等の場合は、滞った金額だけへの強制執行となってしまいます。

そのため、分割の何回分かの金額が滞った場合は残額を一括で支払うという条項(期限の利益の喪失)を入れます。そうすると、その金額が滞ってからの強制執行は、残額すべてが対象となります。他にも遅延損害金について等を入れます。

離婚に伴う公正証書において、養育費と慰謝料の支払いを同じ方がされる場合もありますし、養育費を受け取る側が慰謝料を支払うということもあります。

このように、お二人それぞれが支払う側であり、受け取る側である場合は、両方から強制執行ができる公正証書にすることができます。

(h3)不倫についての慰謝料の相場

慰謝料について示談が成立する場合は、支払う方と受け取る方の合意によるものになりますが、相場としては一般的には以下のようになります。

  • 離婚、別居にはならず、夫婦関係を継続する場合:50万円〜100万円
  • 別居に至った場合:100万円〜200万円
  • 離婚に至った場合:200万円〜300万円

上記はあくまで相場であり、離婚を決められた方々においては、上記以上の金額の慰謝料を決められている方々もあります。

不倫が原因の公正証書作成の流れ

  1. 正式なご依頼後、相談無制限(面談、電話、メール)
  2. 必要書類の説明、合意内容の聞き取り、漏れがないかの確認等
  3. 公正証書の原案を作成(何度でも修正可能)
  4. 原案の内容確定後、公証役場への依頼
  5. 公証人との打ち合わせ等
  6. 公証役場からの公正証書案文を受け、確認
  7. 調印日(当事者が公証役場に行く日)の予約
  8. 公証役場にて調印
お問い合わせフォーム

不倫を原因とする公正証書作成の事例

NO IMAGE

不倫による離婚、慰謝料の支払期間を養育費と同様にして金額を決め記載した事例|大阪府堺市

今回ご紹介するのは、男性の不倫が原因で離婚される女性に、公正証書作成のサポートを行った事例です。 当事務所の口コミを見られたそう...

相談事例を読む

NO IMAGE

離婚の公正証書に連帯保証人をつけたい|不倫したご主人の、奥様からの依頼 兵庫県尼崎市

今回は、兵庫県尼崎市にお住まいのご夫婦からのご依頼です。奥様からお電話いただき、「離婚のための公正証書を作成したい」という内容でした。  ...

相談事例を読む

NO IMAGE

ご主人の不倫が原因で公正証書を専門家に相談して急いで作成したい 兵庫県西宮市

今回は、奥様から「数ヶ月前から別居しているが、主人の不倫が発覚したので、離婚することになり、公正証書を作成したい」とご連絡いただき、養育費...

相談事例を読む

NO IMAGE

離婚後の当面の生活費としての慰謝料を払うから公正証書を作りたい

男性から「離婚が決まり、奥様の当面の生活費としての慰謝料を支払うので、公正証書を作りたい」とご連絡をいただき、公正証書の作成サポートをした事...

相談事例を読む

NO IMAGE

夫の不倫が原因で離婚したご夫婦の公正証書作成サポート

単身赴任中の夫が不倫していることには気づいていましたが、何も言わずにいました。先日、夫から離婚したいと告げられました。理由を聞くと、実は、不...

相談事例を読む

オフィス大石の強み・特長

  • 公正証書に記載する内容を早く正確に決められるようアドバイス
  • 最大限の効果をもつ公正証書の作成アドバイス
  • 公正証書作成費用の負担を軽減するアドバイス
  • 女性ならではの細やかなサポート
  • 行政書士としての実務経験により勘違いされない正確な文章が書ける

不倫が原因の公正証書作成の料金

離婚公正証書作成
料金 55,000円(税込)
※別途、公証人手数料が掛かります。

> 詳細は料金表をご覧ください

お客様の声

不倫による離婚で、慰謝料の支払期間を養育費と同様にして金額を決め、望み通りの離婚ができた女性

書籍等見て自分でも公正証書できる様になっていますが、細かい言葉の表現や、公正証書にのせてもあまり意味のないこと等、これを自分でするには難しいと思いました。

公正証書迄の流れも細かく教えて頂き、望み通りの離婚ができました。
色々お世話になりありがとうございました。

こちらの事例をみる

離婚後の養育費や借金返済に関する書面ができ将来の安心を得た女性

将来の為、子どもの為に養育費をきちんともらいたいけれど、いろんな支払いがストップするかを心配しながら日々生活するのを考えるだけで不安になっていた上に、何をどうすればいいのか、方法もわからずでした。

依頼してからも、離婚に至る経緯まで聞いていただき、私達にあったペースで進めていただき、何度も文書の内容を確認してもらい、様々なアドバイスをいただき、本当に納得できる離婚公正証書が出来上がったことにとても満足しています。

離婚公正証書を手に公証役場を出たときは、将来の安心を得たようで、ほっとしました。

先生には本当に感謝しています。いろいろお世話おかけしましたが、先生にお願いできて、本当によかったです。ありがとうございました。

こちらの事例をみる

弁護士等複数社に相談に行ったが解決できず困っていたが、オフィス大石ですんなり解決できた女性

この度は大変お世話になりました。インターネットで調べて初めてお電話させていただいた時から、 いつもご丁寧にわかりやすい対応をしていただき、感謝しています。

初めてのこと、しかも何もわからない私でしたが、とにかくいろいろたずねてみて、先生に答えていただくことにより、 物事の整理がつき、徐々に具体的に進めることができました。

私では気づくことができない事項に関しても先生の方から教えてくださる等、本当に先生にお願いしてよかったと、 全て終わった今、もう一度お礼を申し上げます。

何度も同じことや、わからないことを聞いても、いつもわかりやすく説明してくださり、不安でいっぱいの私には、とても心強かったです。この度は、本当にありがとうございました。

こちらの事例をみる

子どもの学費や生活費に不安だった女性

迅速に対応していただけたのと、女性目線で相談しやすかったです。同姓という立場で考えていただけたのが一番良かったです。

また、何かで相談させていただくかもしれません。そのときはよろしくお願いします。

こちらの事例をみる
お問い合わせ