女性行政書士がサポート

行政書士の大石明美と申します。 当事務所のホームページをご訪問いただき、 ありがとうございます。 今このページを見られているあなたは、 離婚のことでお悩みではありませんか。 そんなときあなたが「優しく」「強く」 あり続けられるよう女性行政書士が サポートいたします。

入管申請取次行政書士
著作権相談員
個人情報保護士
2級知的財産管理技能士
夫婦カウンセラー(JADP認定)

個人情報保護士

大阪の行政書士のご紹介 行政書士オフィス大石

〒540-0012
大阪市中央区谷町4丁目4-17
ロイヤルタワー大阪谷町707

大阪市 地下鉄谷町線谷町四丁目 7番出口すぐ
06-6944-7220

平日 / 9:30〜18:00
休日 / 土・日・祝日(対応可、予約要)

オフィス概要・地図
離婚相談離婚相談の事例 公正証書 離婚協議書 離婚に関するお金のこと 離婚と子供のこと 離婚時年金分割 遺言・相続 料金表 オフィス概要

協議離婚の悩み

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

行政書士オフィス大石では、協議離婚の際の取決めを書面にする離婚協議書や公正証書の作成サポートを行っております。

離婚前に離婚協議書の作成をすると、後々の揉め事を回避することに繋がります。(もちろん離婚後に作成するのも効果があります。)

行政書士大石で離婚協議書の作成をするメリット

1. 離婚前の話し合いをするべき内容が明らかになる
2. 内容の相談ができるので話し合いもスムーズに進みやすい
3. 文章のプロなので正確な書面になる
4. 夫婦カウンセラーなので安心して話ができる

お問い合わせ

協議離婚とは

協議離婚というのは、日本人の大半の方が、離婚をする時に取る方法。 主に、裁判所などを介さずに、夫婦間2人で話し合いを行い合意の上、離婚届を提出する離婚方法を指します。

裁判などと違って簡単な方法故に、離婚後の取決めなどを細かく話し合いが行われていない事が多く、養育費・財産分与・親権・面会交流などについて後で揉めるケースも多々あります。

ここで大切なのが離婚に伴い作成する離婚協議書です。

離婚協議書とは

離婚に伴い合意した内容を書面にしておくのが離婚協議書であり、離婚後の争いがないように、また合意内容がその通りに実現するためにも作成しておきます。

離婚後に、言った言わない等の争いになるのを防ぎ、お互いに合意した内容が確認できます。 後で困らないためにも離婚協議書は作成することをおすすめします。


離婚協議書の効果

  • 未払いに対してこの書面で強制執行できるというものではない
  • 離婚の際の取決めの証拠を残せるため証拠になる
  • 後から離婚の際に合意した内容を確認できる

離婚協議書は私文書です。 よって養育費などの未払いがあった場合に対して、この書面で強制執行を掛けるといった効力は持っていません。 ただし、離婚後の支払いなどの件で揉めた時に証拠としての力は大きいです。

また、離婚協議書はお互いが1枚ずつ所有する書面になりますが、片方が紛失して「離婚協議書なんて作った覚えがない」なんていわれては元も子もありません。 そうならないために、離婚協議書を作成した時には公証役場で「確定日付」をお願いしておくといいです。

   

またできれば、実印を押して印鑑証明書をつけておくとよりいいです。

そうすると、「作った覚えがない」「後で勝手に作ったんじゃないのか?」と言われる事もなく、公証役場が確定日付の押印を押した日に、確かに存在していた事を証明してくれます。

※ただし、存在していた事を証明するものであって、内容の証明をしてくれるものではありません。内容まで証明しようと思うと、公正証書を作成する必要があります。


離婚協議書と公正証書の違い

どちらも離婚に伴って決められたことを書面にしたものですが、離婚協議書は私文書であり、公正証書は公文書です。

公正証書は、作成より約20年間(内容によってはそれ以上)原本が公証役場に保管されていますし、厳格な手続きによって作成されますので、後になって「そんな書面を知らない」勝手に作成したのだ等と言うことはできません。

その反面、離婚協議書についても、もちろんそんなことは言えませんが、公証役場から確定日付をもらっておくと、「そんな書面知らない」とは言えません。

もちろん私文書でも契約書なのですから、それを守っていただく必要があります。 更に大きな違いは、公正証書は、お支払等、金銭債務について大きな効力があります。 ※強制執行認諾文言が入っていること、強制執行の対象とするには確定事項がいくつかあります。

私文書である離婚協議書の場合、強制執行をするには、裁判手続き等が必要となるため、時間、お金もかかり、そのままになってしまうことも多いと思われます。 また、公正証書は証拠としても大きな力があります。

お問い合わせ

離婚協議書の作成方法

基本的な作成方法は2つです。
1. 自分たちで作成する(主にテンプレート)
2. 行政書士等が作成する

自分で作れるとなると簡単な様に感じますが、様々な問題が多くあるところです。


離婚協議書をテンプレートで作成するのは難しい

離婚協議書の事をよくわかった状態で、テンプレートを参考にするのはいいと思いますが、全くわかっていない状態でテンプレートで作成しようとされると、どこを補わないといけないか、どこが必要でないか等がわからず、そのまま使おうとするのをよく見ます。

ただし、基本的に離婚をする2人の内容は、テンプレートに当てはめられない事ばかりです。

離婚協議書のテンプレートを使って失敗する例

@ 自分達が決めていないことなのに、テンプレートにあるから、そのままにしている
A 決めているのに、テンプレートにないから、書かれていない。あるいは、きっちりと書けていない
B 話し合いが進み、変更がでてきた場合等、一か所を変更すれば、他の部分にも及び、そこも変更しなければならないことは気づかない
C テンプレートにないことは、決めていなかったりする
D テンプレートによって、ある部分は詳細、ある部分はあまりにも簡単にとなっていてもそれがわからないため、その方にとってはきっちり記載すべきこことでも、テンプレートが簡単になっているため、そのまま。

一見ちょっとしたことのように感じますが、実際は大きな問題を抱えている例です。

〜 具体的な例 〜

仮に、テンプレートの通りに子どもに関する事で養育費面に対していくら支払ってもらうかを記載するとします。ただこの場合、中学高校など私立の場合の入学金などは含まれていません。

よって、後で入学金を請求しようとしてもできない事が多いのです。

この場合の解決先は入学金についての記載をすることとなります。

よくある例ですが、本当に離婚される方によって状況は様々です。
このように入学金を足せばいいのね!と文言を追加しても、他にも追加で入れた方がいいことなどが多く、テンプレートの内容だけでは不十分な場合がほとんどです。

更に、書いたはいいけど文章の受け取り方によっては自分が不利になる事などもあります。


離婚協議書へ記載する内容

未成年の子どもがいる場合に一般的に記載する内容としては以下です。

  • 離婚の合意等
  • 親権・監護権者
  • 養育費
  • 面会交流
  • 財産分与
  • 慰謝料が発生する場合は慰謝料
  • 了解事項(通知義務等)
  • 管轄裁判所(決めた場合のみ記載)
  • 清算条項
  • その他、個別の内容

これは基本的な一例であり、人によって内容が増減しますのでこれを入れればいいというわけではありません。

また1項目毎に書き方があるので、テンプレートでシッカリと作成できる例というのは少ないと言っても過言ではないでしょう。


離婚協議書の作成時期について

よく質問を受けますが、作成する時期については、離婚前でも離婚後でも可能です。 ただ、離婚後になる場合は、離婚後に話し合いができる状況か、あるいは相手方が話し合いに応じてくれるか等もあります。

そのため、離婚前に離婚協議書の作成をするのがおすすめです。

お問い合わせ

離婚協議書の作成は行政書士に任せるのが安心

上記である程度ご説明した通り、離婚協議書を自分で作成するのは、やったことも見たこともないスポーツをするぐらい難しい事です。

だからこそ、行政書士大石では離婚協議書の作成を望まれる方のサポートをシッカリと行わせていただいております。

行政書士というのは書面作成のプロフェッショナルなので、双方合意の内容を正確に文章化することができます。

行政書士大石は離婚協議書作成の実績が豊富

離婚協議書を多数作成させていただておりますので、入れた方がよさそうなことに対して、こういった事は相談されましたか?とご質問をさせていただき、相談した方がいいこと、決めておいた方がいいことまで、丁寧にサポートもさせていただいております。

そうすることで、後になってこんな内容入れた方がよかった!というような事を未然に防ぐことができます。

また、夫婦カウンセラーなので、相談者の事を一番に考えて相談のしやすい雰囲気をつくり、夫婦間という複雑な内容に関してもお話ししやすいよう配慮をしております。
その後は、シッカリとお話しを聞いて、意見を最大限に尊重した書面作成を意識しております。

話しやすい・安心・ちゃんと話を聞いてくれる

離婚協議書作成者の声

依頼者イメージ@

離婚協議書の作成をさせていただいたT様

「専門家に相談することで安心して離婚の協議を進められた。デリケートな内容にもかかわらず親身になって相談にのってくれ本当に感謝しています。」

依頼者イメージA

離婚協議書を途中で公正証書作成にされたP様

「依頼とは関係のない愚痴や泣きごとまで話してしまい、それをいやな顔ひとつせず聞いていただき申し訳ない気持ちでいっぱいでした。自分のこれまでの仕事内容を思い出し、自分はそのようなことができていたのかと考えさせられ勉強になりました。本当にありがとうございました。 」

離婚協議書に関する相談は1時間無料!

行政書士大石では、離婚協議書作成に関する相談を1時間無料にしております。 なぜなら、離婚は非常にデリケートな問題なので、言いにくい方もおられると思います。 安心してお任せいただきたいので、一度お会いしてお話しをして、信用できるかどうかを見極めていただきやすいようにしております。

先ずは無料相談をお気軽にご利用ください。

あなたの離婚がスムーズに行えるよう、離婚協議書を通してしっかりとサポートをさせていただきます。

お問い合わせ