女性行政書士がサポート

行政書士の大石明美と申します。 当事務所のホームページをご訪問いただき、 ありがとうございます。 今このページを見られているあなたは、 離婚のことでお悩みではありませんか。 そんなときあなたが「優しく」「強く」 あり続けられるよう女性行政書士が サポートいたします。

入管申請取次行政書士
著作権相談員
個人情報保護士
2級知的財産管理技能士
夫婦カウンセラー(JADP認定)

個人情報保護士

大阪の行政書士のご紹介 行政書士オフィス大石

〒540-0012
大阪市中央区谷町4丁目4-17
ロイヤルタワー大阪谷町707

大阪市 地下鉄谷町線谷町四丁目 7番出口すぐ
06-6944-7220

平日 / 9:30〜18:00
休日 / 土・日・祝日(対応可、予約要)

オフィス概要・地図
離婚相談の事例 公正証書 離婚協議書 離婚に関するお金のこと 離婚と子供のこと 離婚時年金分割 遺言・相続 料金表 オフィス概要
  

離婚協議書・公正証書でお悩みがある際はどんなことでもご相談ください。

・離婚が決定したが、公正証書を作るべきか悩んでいる。
・離婚のとき、どんなことを決めておいたらいいの分からない。
・離婚が決まったけれど、養育費の支払いが止まらないか心配。
・後で困らない離婚協議書を作成したい。
・離婚協議書・公正証書のどちらを作ればいいかわからない。

  

紙一枚で終わる離婚はありません。

離婚は、お互いの合意で行われる協議離婚、家庭裁判所に仲立ちしてもらう調停離婚。
お互いの意志が合わず裁判所に依頼をする裁判離婚などがあります。

離婚は紙一枚の手続きではありません。
あなたの権利を守るため、子供のためにも離婚公正証書の作成が大変有効です。

※ご相談にはカウンセリング的なことを含むこともありますが、夫婦カウンセラーでもありますので、修復にむけてのカウンセリングも行っています。詳細はお問合せください。

全国対応可

離婚手続きはすることがたくさん!

財産分与、慰謝料、養育費に子供との面会など、決めておくことはたくさんあります。
どのような手続きがあるの?どんな書類が必要なの?

そんな離婚についての疑問に行政書士オフィス大石はお応えします。

離婚相談の解決事例はこちら→

離婚する事が決まったら・・・

→あとで困らないような離婚協議書を作りましょう!

☆公正証書を作成しておけば、養育費などの月々のお支払いが
滞ったときに大きな効力があります
離婚が決まってしまった  女の子
 離婚協議書を作らないと 矢印
離婚協議書って 矢印
             矢印
行政書士に聞いてみよう  女の子
             矢印
電話番号  女の子  
大阪での離婚に関するご相談、離婚公正証書の作成サポート、行政書士オフィス大石へ
お問い合わせ

離婚手続きに関するサポート事項

  • 離婚協議書
  • 離婚協議書、離婚公正証書は、記載内容が大切です。後でもめないよう、困らないように記載することが必要です。
    養育費も金額、支払い方法などだけではなく、予期できない出費(病気・事故)のときに対応できるように決めておくと、安心です。
  • 詳しくはこちら
離婚公正証書
  • 離婚公正証書
  • 証拠としても強い効力がありますが、支払いが実行されない場合には、相手の財産に対して強制執行などの法的手段の手続きに入ることができます。離婚公正証書は金銭トラブルに強いため、将来困らないためにも離婚公正証書作成をお勧めします。
    離婚公正証書の作成においては、合意内容の決め方が重要ですので、ぜひプロにご相談下さい。
  • 詳しくはこちら
離婚に関するお金の事
  • 離婚に関するお金の事
  • 財産分与やローンの手続きなど、お金に関わる事は多くあります。
    将来困らないためにも、離婚公正証書など法的強制力のある書類を作成しておく事をお勧めします。
  • 詳しくはこちら
離婚と子供の事
  • 離婚と子どもの事
  • 未成年の子どもがいる場合、父母のどちらかが親権をもつことになっており、それを決めなければ離婚できません。
    離婚後、親権者の変更はお2人の合意だけでは出来ません。
  • 詳しくはこちら
外国人との離婚
  • 外国人との離婚
  • 外国籍の方と離婚する場合は、各国の法律により対応が変わります。
    日本での離婚の取り決めだけでなく、各国の法律にあわせた対応になりますので、まずはご相談ください。
  • 詳しくはこちら

離婚相談は大阪のオフィス大石が安心・便利!

行政書士は、弁護士と比べ安価に離婚にまつわる書類(離婚協議書・公正証書原案)を作成できます。
当事務所では
◇何度でも丁寧にご説明いたします!
◇英語でのご相談も可能です!

お問合せフォーム

離婚が決まってしまったらひとまずご相談を!

公正証書・離婚協議書の作成の流れ

チェックリスト
お問合せフォーム

お客様の声

将来の為、子どもの為に養育費をきちんともらいたいけれど、支払いがストップするかを心配しながら日々生活するのを考えるだけで不安になっていました。 しかし、何をどうすればいいのか、方法もわからずでした。そんな時、先生のHPを拝見し、早速連絡させていただきました。 電話口の先生の穏やかな声、そして親身な対応にこちらでお世話になろうと決めました
協議書作成にあたり、離婚に至る経緯まで聞いていただき、私達にあったペースで進めていただきました。
何度も文書の内容を確認させてもらい、アドバイスいただき、本当に納得できる離婚公正証書が出来上がったことにとても満足しています。
そして離婚公正証書を手に公証役場を出たときは、将来の安心を得たようで、ほっとしました。 先生には本当に感謝しています。いろいろお世話おかけしましたが、先生にお願いできて、本当によかったです。ありがとうございました。

(I.M 様 奈良県 30代 女性)

線

この度は大変お世話になりました。インターネットで調べて初めてお電話させていただいた時から、 いつもご丁寧にわかりやすい対応をしていただき、感謝しています。

初めてのこと、しかも何もわからない私でしたが、とにかくいろいろたずねてみて、先生に答えていただくことにより、 物事の整理がつき、徐々に具体的に進めることができました。
私では気づくことができない事項に関しても先生の方から教えてくださる等、本当に先生にお願いしてよかったと、 全て終わった今、もう一度お礼を申し上げます。

何度も同じことや、わからないことを聞いても、いつもわかりやすく説明してくださり、不安でいっぱいの私には、とても心強かったです。
この度は、本当にありがとうございました。

(H.Y 様 大阪  30代 女性)

線

本当に長い時間ありがとうございました。
初めての相談の時からお電話での対応も、とても優しく、本当に感謝しております。大石先生とお話ができてよかったです。
今度は、お仕事での相談ができるように勉強と仕事をして、一歩ずつがんばっていきたいと 思います。

(H.M 様 大阪  50代 男性)

線

知識もなく初めてのことばかりで、始めは不安しかありませんでしたが、本当にとても 丁寧に対応してくださり、変更点等も親身になって一緒に考えてくださり、納得のいく ものができてすごく満足しています。
郵便物やメールもすぐに送ってくださり、最後までスムーズに事が運びました。
本当に大石さんに会えて良かったです。いろいろとありがとうございました。

(S.A 様 奈良県 30代 女性)

線

迅速に対応していただけたのと、女性目線で相談しやすかったです。
同姓という立場で考えていただけたのが一番良かったです。
また、何かで相談させていただくかもしれません。そのときはよろしくお願いします。

(H.Y 様 大阪 40代 女性)

線

依頼とは関係のない愚痴や泣きごとまで話してしまい、それをいやな顔ひとつせず聞いていただき申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
自分のこれまでの仕事内容を思い出し、自分はそのようなことができていたのかと考えさせられ勉強になりました。
本当にありがとうございました。

(O.Y 様 大阪 40代 男性)

線

同性ということもあって、話がしやすかったです。性急な無理な依頼にも誠実に対応していただき、本当に感謝しています。
離婚に関することは、何かと精神的に負担が大きいので、お力をお借り出来て、とても心強かったです。ありがとうございました。

(S.K 様 大阪  40代 女性)

線

親身になってご対応いただき、とても感謝しております。
離婚公正証書も持つことができ、良い離婚が出来きました。本当にありがとうございました。

(S.T 様 大阪  40代 女性)

線

行政書士の先生も専門分野があるのか、行政書士で検索しても、他の業務がでてきたりしたのですが、 先生のHPにあえました。大石先生は、女性らしいきめ細かいところや、対応の素早さが、とてもよかったです。

何もわかりませんでしたが、フルサポートして頂き、とてもたすかりました。

(Y.Y 様 大阪  40代 女性)

線

専門家に相談することで安心して離婚の協議を進められた。デリケートな内容にもかかわらず親身になって相談にのってくれて本当に感謝しています。

(O.R 様 大阪  30代 男性)

線

最初、料金の事などで依頼しようか迷いましたが、やはりいろいろな事例をご存知の専門の方に頼んでよかったです。
相手との話し合いの途中で、疑問におもったことなどを相談できて、心強かったです。
女性の方なので、それも相談しやすくてよかったです。本当にありがとうございました。

(Y.E 様 大阪  30代 女性)

線

私個人の離婚後の状況や仕事の都合等を勘案して、必要な手続きを適切に補っていただきました。
昼休みの時間帯や18時以降の時間帯にも対応していただき、たいへん助かりました。

(SY 様 大阪府 40代 男性)

線

わからないところを詳細に説明してくださり、本当に感謝しております。

(A.M 様 大阪  50代 女性)

線

安心することができた。時間もわがままをきいてもらえて、仕事をする者としてはありがたかったです。

(大阪  20代 女性)

結婚契約書について

結婚契約書(婚前契約書・プリナップ)

結婚契約書(婚前契約諸・プリナップ)とは、結婚前に書面であらかじめ結婚後の夫婦間の約束事を決めておくもので、日本でも作成される方が増えてきています。

結婚契約書には、形式や内容について法律上の決まりはありません。内容が公序良俗に反するようなものでない限り、どのような契約を結ぶこともできます。
どんな内容にするかは自由ですが、たとえば、どんなことを書くのだろうと思われるでしょう。

内容としては、夫婦間でトラブルになりそうなこととして、まずお金に関することがあります。たとえば、家計の管理方法や負担金額、お金の使い方などです。そのほか、家事の分担に加え、子どもをもうけるかどうか、育児の分担、子育てや教育方針のあり方といった子どもに関すること、そして、親と同居するかどうか、親戚付き合いなどがあります。

結婚したときの「約束」を文書で残しておくことだといえます。それによって、夫婦間のトラブルを減らすことができるかもしれないが、お互いを思いやる気持ちがを持ち続けることが大切なことでしょう。

契約書を交わすということで、ご夫婦間の約束を明確にすることができますが、重要なのは、お互いの考えを理解し尊重することで、円満な関係を継続するという意思の確認だと思います。長い結婚生活においては、話し合いで解決できないような事態も生じることもあるでしょう。そこで、結婚契約書を作成しておくことによって、そのような 問題がおきたときに備えておくというものです。取り決めたことが守れなかったときのことや、万が一、離婚になってしまった場合のことも決めておくといいでしょう。

民法には、「夫婦間で交わした契約は、婚姻中、いつでも夫婦の一方からこれを取り消すことができる」 という規定がありますが、この「婚姻中」については、単に婚姻関係が継続していることではなく、形式的にも実質的にも婚姻関係が継続している場合のことを言う とされていますので、夫婦関係が破綻した場合には、契約を取り消せないとするのが判例の立場です。

契約書としての効力をより確実にするためには「公正証書」にしておくのがいいでしょう。

☆特に 国際結婚、再婚、ご自宅の購入を考えている方、住宅ローンがある方
事実婚(「事実婚契約書」となります)の方などには、作成されることをおすすめします。

※結婚契約書についても、お気軽にご相談ください。


お問合せフォーム